lablog

閉ざしていた耳穴をかっぽじって by 2013年9月9日

この度、勢いでアコースティックギターを始めました!

結構な多趣味人なのですが、
どれも目を酷使するものや、マニアックすぎるものばかりなので
他の器官を使った、もう少し一般受けする趣味が欲しいな~と
ずっと思っていたのです。

そこで出会ったのが、カントリーミュージックを演奏するバンドで、
アコギの素朴で力強い音色に、即メロメロ。
次の日には、近くの楽器屋で物色していました(笑)。

詳しい友人に、オススメのメーカーを聞いていくうちに、
教わったのが【Yairi Guitar】という岐阜県可児市にあるメーカー。

Yairi Guitar

1935年からギターをメインに弦楽器を製造されているメーカーでして、
そのギターは国内外で評価され、日本ではGLAY、桑田佳祐が、
外国ではあのポール・マッカートニーなどが使用したことがあるようです。
BEGINと共同開発した簡単ギター「一期一会」が話題になりましたよね。

しかもモットーが「永久保障」。
自社製品に自信が無いと掲げられないモットーに、感動です!

Yairi Guitarの職人教育はしっかりしていて、
最終的にはそれぞれ一人でギター一本を作り上げることをゴールにしているようです。

サイトを作る時もそうですが、一人で全工程を行うことで初めて見えてくる
気にしていなかった技術や、自分なりの問題解決方法、
取り入れられる遊びの可能性などがあります。
Yairi Guitarが少人数ながら世界に評価されているのは、こういう教育手法が奏して、
高品質なギターを排出できているからなのかもしれません。

そんな職人集団であるYAIRIさんの御ギターは
きっとお高いんでしょー?と思いながらいろいろ見て回ったのですが、
プロが買うのだろうなという高価なものから、
素人向けの低価格帯のものまでいろいろ有りました。

貧乏性の僕は、高いものを買えば買うほど
モトを取ろうとして趣味が長続きする子なので、
当初の予算より2万円オーバーなギターを買ってしまいました(笑)。
でも初めての「聴覚系趣味」の誕生に、ワクワクがエンドレス。

まだまだコードにすら着手していませんが、
しばらくは矢田川で哀愁を漂わせながら「ギター手」作りをしようと思います。
ハタヨーク氏に次ぐ、現代日本のギター侍こと うっち でした。

あ、そういえば楽譜が読めません…ザンネーン!切腹っ!

ツブヤキに支配される情報社会ピープル by 2013年8月8日

先日、話し上手だと言われている方とゴハンに行きました。
目的は、もちろん「話し上手になるためのコツ」を聞き出すため。

ゴハンの席につき次第、落ち着き無くスマホを触りだす相手。
5,10分ごとに画面を覗き、その度に止まる会話のテンポ悪さ。
…え、話し上手だと聞いたんですけど?

急な用事があるのでしたら、別の機会にしますか?と聞いたところ、
返ってきた答えがコレ:

「ううん、Twitterだから大丈夫!」

お父さん、お母さん。
私もやっと出会えましたよ…Twitter依存症の方に(笑)。

Mixiでの日記ブームを経て、
気楽&リアルタイムな「ひと言コミュニケーション」が話題になって
爆発的に普及したTwitter。
最近では、さまぁ~ず三村氏もハマったことで盛り上がっています。

誰でも簡単に情報発信が可能なので、
ゴハンの写真、映画の感想、旅行先のキレイスポットという身近な話題から
政治への批判や、物事に対する意見、専門的な知識という高度な話題まで、
ありとあらゆる情報が交差します。

「話し上手」だと言われるコツは、
実はこのTwitterが大きく関係しているみたいです。

その人は普段から周囲のツイート内容を随時確認しているようで、
実際にその相手と会った時に
蓄積した情報の中からネタを引っ張り出してくるそうです。
(例:この前ツイートしてたゴハン、どこで食べたのー?…etc)

加えて、自らも情報を発信することで
その情報に反応をする人を特定し、反応次第で次の行動を決定していくようです。
最後はその行動で、相手のハートを鷲掴みにすると。
(例:○○カフェなう!
   →そこ、□□が美味しいよ!
   →じゃあ□□食べようかな!
   →教えてくれた□□、すごく美味しかったよ!…etc)

5,10分ごとに画面を覗いていたのは、自らのツイートに対する
周囲の反応を今か今かとチェックしたようです。
ちょっとコビを売りすぎている印象も受けますが、理屈的には納得できます。
ただ・・・何でしょう・・・

この「ソウジャナクテ感」。

情報社会なので【情報】をたくさん持っていることは確かに武器にはなるのですが、
人との会話においては、多くの武器を用意したところで
それらを評価してくれる相手がいないと、全く意味が無いと思うんですよね。

その相手を繋ぎとめておくための、隠された武器。
もしかするとそれは【マナー】なんじゃないかと感じました。
自分はどうも、マナーをある程度もっている相手じゃないと
気持ちよく会話ができないタイプのようで、早々に解散しました(T人T)

【情報】と【マナー】。

情報社会まっただ中で、どうバランスをとって生きていくか。
三十路にして、思わず自分の会話スタイルを見つめなおしてしまいました。

ところでツブヤキシローさんは、元気にされているのでしょうか?
と思って検索してみると、Twitterで再ブレイクしているご様子。
ツールの使い方次第で、人はどっちにも転ぶ。あるねぇ~。うっち でした。

その言葉は、我が血肉となりて by 2013年7月3日

友人がイベントを開催するということで、
ここ最近はお手伝いでバタバタしています。
先日はサイトを作って差し上げました。

報酬:焼肉。

ナメられたものです。
友人価格とはいえ、己の優しさに惚れそうになります。
まあでも肉にも安いのから高いのまで、さまざま存在していますよね?
…肉を軽視した恐怖を、思い知らせてやろうと思います(-_☆)グフフ

そんなこんなで制作に入ってスグ、大きな問題が発覚しました。
複雑な申込順序や、さまざまな注意事項を載せる必要があるにも関わらず、
用意された画像はイラスト1点のみ…という偏った素材。
テキストまみれで小説のような素材を目の前にして、
メールを読んだだけでクラクラな我が頭脳は、もはやグラッグラです。

しかし、ここで活きてしまうのが日々のノウハウ。

「見出し」と「本文」の区別がつくようにしたり、
補助的な文章は枠でくくるor段差をつけるといったちょっとした工夫だけで
整理整頓された印象に変わって、文章は読みやすくなりました。
リンクも色を変えたり、重要なものは大きな画像ボタンに変更しただけで、
閲覧者を目的ページにスムーズ遷移できたなど、大幅に改善できました♪

努力の甲斐あって、友人は大喜び!
勢いで、同じようなイベントの古株主催者にサイトを見てもらったそうなのですが、
「情報が整理されてて読みやすい!プロの犯行だね!?」と言っていただけたそうです。

プ、プロだなんて…(恥)v

思い返せば、入社当時からシステム寄りな子だったので
これといって「デザインの勉強」らしい勉強もしていないのですが、
毎日プロのデザイナーに囲まれていた環境が大きかったのだと思います。

デザイナー同士の会話や修正指示を聞いてると、
判りやすいデザインのコツや、やってはいけないタブーなどを
知らないうちに習得できるんですよね。
本当は、自分の専門分野を伸ばすことに集中すべきなのですが、
デザインにも少し興味があったので、良い環境で働いているなと実感します。

最近は、デザインコンセプトを一方的に汲み取ったりしちゃったりして。
調子にのって、意見なんかしちゃったりして。
そして見当外れなことを言って、フルボッコにされちゃったりして。
センス的な会話って、システム作業をしている時には使わない脳を使うので楽しいです。

しかし、未だに「黄金比率」の使いどころが判らない。
比べる箇所ってそこら中に有るじゃないですか?

きっとこれからも「神の比」を前に悩む うっち でした。

久しぶりのWhat a FEELING!! by 2013年5月27日

30代に踏み込んだ頃から時の流れが加速していて、
このまま時とともに、さまざまな思い出までもを
失っていくのではないか?と悩んでいる うっち でございます。

その理由は、平凡な日常を淡々と生きているからなのでは?と。
世の中に影響を及ぼさない程度に、何かをコッソリ変えてやろうと考えた結果、
数年続けていた坊主頭を止め、ロン毛になろうと思い立ちました。
去年夏すぎに始め、すでに約9ヶ月が経過。

最終目標にしている髪型にするためには、
髪の毛がモッサモサになってもスイてはいけないので
一度も散髪をせずに伸ばしています。
さらに、天然パーマで緩やかなカーブがかかる子なので、
見た目はモッサい昭和ボーイ。

…違う。
これでは何も変わらないどころか、逆に時が加速していっている気がする(笑)

そんな髪型をした僕を見て、
話が面白くて崇拝しているオネエ様(アラフォー)に、
「あんた、堀チエミにソックリじゃなぁい!」と言われました。

ネタの女神(男)、ご降臨!

そんなわけで、
オネエ様の助言通りに「スチュワーデス物語」を始めました。
平凡な日々に、30年前の「空へ羽ばたくドラマ」を…粋ですね。

ストーリーは、
堀チエミ演じる少女が、家庭&友人訓練生&恋愛問題に巻き込まれながらも、
教官とともにスチュワーデスを目指して成長してくというもの。

ヌルい恋愛モノは観ていると、すぐに睡魔に襲われるタイプなので、
最後まで観られる自信は正直無かったのですが、
そこに台風のごとく登場するのが、堀チエミが恋をした教官の婚約者。

過去に事故があって手が「義手」なのですが、どう見てもマネキン。
そしてヒステリックなまでに堀チエミと教官を追い込む強烈な存在&演技に、
オネエ様方がハマって真似をするのも判った気がします(笑)。

さらに、このドラマはJALが全面協力しているだけあって、
毎回スチュワーデスの授業内容を判りやすく紹介しているので
飽きること無くサクサクと話数をこなせます!
快適な空の旅を支えているのは、彼女たちの知識と努力だったんですね!

一見華やかに見えるスチュワーデスさんが乗り越えてきた過酷な訓練。
訓練生同士の友情&教官たちの人情味。
そして、気付けばウナギ登りに上昇していた、JALに対する好感度。
経営破綻直後に、このドラマをリメイクすべきだった気さえします(笑)。

我々のようなWEB制作会社も、さらなる業界活性化を狙って、
少年少女たちを使ってドラマを制作したらいかがでしょうか?
「ディレクター、コーディングが判りません!!」と泣いていたあの子が、
数ヵ月後、クライアント様の会社へ一人で出向いて納品をこなしていた。
…素敵ですよね☆

時代が違うからなのでしょうけども、
「全体的にネタで溢れたドラマ」というのが感想なんですが、
実は注目すべきなのが、堀チエミのモチベーション維持方法。

途中でブレはしましたが、ストーリーの冒頭から掲げていた
「スチュワーデスになりたい」という目標ひとつで、数々の苦難を乗り越えていました。
特定の「目標」を立てることって、忍耐力に繋がるのと同時に、
日々を充実させるのに必要なことなんだなと感じました。
かなり泥くさいのですが、モチベーション維持方法としてはシンプルで一番判りやすい。

「日々の目標」
…まさに今、自分に足りなかったモノの1つだと思います。

忘れていましたが、驚くべきはこのドラマを勧めていただいたオネエ様の存在。
ここまで計算して、あのタイミングで勧めたのでしょうか?
しばらくの目標は、オネエ様が仕掛けてくるであろう
スチュワーデス物語のコントに乗っかれるようになること♪

うっち でした。

そんなあなたにブラッドフレンジー by 2013年3月19日

ありがたいことに、
最近は立て続けに【レスポンシブWebデザイン】サイトを制作させていただいておりまして。
—————————————————-
【レスポンシブWebデザイン】とは、
ページを表示する幅によってPC、タブレット、スマホ専用の
レイアウトに自動的に切り替わる仕組みです。
特にスマホ専用のレイアウトは見やすくて、かなりオススメです!
—————————————————-

当然3デバイスでの目視確認が必要になってくるのですが、
スマホで縦に長いページを確認する際に、
「乗り物酔い」ならぬ「スクロール酔い」を始めて体験しました(吐)。
うぇっぷ=3

もともと乗り物酔いしやすい子でして、電車なら大丈夫なのですが、
バスや車でも運転手がちょっと荒い方だとすぐ酔ってしまいます。
硝子のようにデリケートな自分がイヤになりますね。
イヤだ、イヤだ。

そんな「硝子の少年」な自分から生まれ変わりたい想いも込めて、
酔うのでずっと避けてきた「サードパーソンシューティング」に挑戦してみました。

ゲームのステージにいるキャラクターの視界がそのまま画面に表示されるので、
直感的なプレイがウリのジャンルなのですが、
僕の場合は臨場感に過剰に浸ってしまう挙句、すぐ酔ってしまうんです(笑)。
最近のゲーム機のグラフィック技術は、とんでもなくレベル高いので尚更ですね凹

そんな罪なゲームのタイトルが、
『バイオハザード オペレーションラクーンシティー』

まず「バイオハザード」シリーズは、ゾンビを倒していくゲームシリーズです。
第一作目が1996年にプレイステーションで発売されて以降、派生作品などを含めると、
現在までに国内外で数十作品も展開されている人気シリーズです。

途中、コンセプトが迷走することも有りましたが(笑)、
何よりも利益を重視する「生物兵器会社」vs 悪事を暴こうとする「警官」の
群像劇が非常に熱くてオススメです。

そんな「バイオハザード」シリーズの世界観を活かしつつ、
ミリタリーゲームで有名なカナダのゲーム制作会社「Slant Six Games」が発表した異色作。
それが『バイオハザード オペレーションラクーンシティー』です!

最大の特徴は、主人公(=自分)が「生物兵器会社」に派遣された「特殊部隊」という点でしょうか。
ミッションは生物兵器会社が事件現場に残した証拠品を回収することなのですが、
そこに「生物兵器会社」の敵である「米軍」、
さらにゾンビを初めとする「生物兵器」が襲ってくる戦場は、まさに三つ巴状態。

その三つ巴状態を上手く切り抜けるために、
違う能力をもった仲間の組み合わせを変更したり、
敵を出血状態にしてゾンビの関心を自分から逸らすなどの
戦略を組み立てるのが楽しいゲームシステムになっています。

結構アタマを使うシステムな上に、
流れ玉にビクつきながらプレイするチキン野郎な自分だと、
気付けば数時間ブッ続けで戦場を駆け回っていることもしばしば。

そして集中力が途切れた瞬間、まとまって襲ってくる「酔い」。
抵抗する術も無く、泥のように寝込む自分。
何時間プレイしても改善される気がしません。
はぁ、ツライでござる。

遅くなりましたが、今年も
ひび割れたビー玉ハートな「うっち」をどうぞよろしくお願いいたします。

虹の下で愛を誓い合えたら by 2012年6月4日

今年もご縁がありまして、NLGRに参加させていただきました。

NLGRというのは
「Nagoya Lesbian & Gay Revolution」の頭文字をとったものであり、
セクシャルマイノリティ向けの無料HIV検査会&HIV感染予防啓発イベントです。
毎回開催が危ぶまれているそうですが、
今年も無事に栄のとある公園で開催されました。

はじめてお邪魔したのが、2年前
今でこそマツコDX氏などのご活躍で身近な存在となった彼らですが、
当時は都市伝説だと(失礼ながら)思っていたので
セクシャルマイノリティ向けのイベントが近所にあったことに衝撃でした。

そして今回もありました、同性愛者の結婚式。
今年は気合を入れて最初から見ていたのですが、
もう涙腺崩壊で号泣寸前でした。

かつての偏見あふれる時代とは変わったものの、
未だに残るさまざまな苦難を乗り越えなくてはいけない彼ら。
今回は性同一性障害の方もいらっしゃったのですが、
性同一性障害であること、同性と結婚式を挙げることを
母親に認めてもらうのにすごく苦労したのだとか。
そんなエピソードの直後に、手紙にこめたお互いへの想いを読みあい、
牧師さんを中心に集まった大勢の老若男女が二人の誓いの証人となる。
もう涙腺崩壊で号泣寸前でした。

会場は教会のような派手なものではなく、
言ってしまえば運動会のテントのような質素なもの。
でもそのホームメイド感あふれる素朴さが、
「マイノリティー」とカテゴライズされた人たちが
手を取り合って生まれたイベントである証拠なのだろうなと感じました。
もう涙腺崩壊で号泣寸前でした。

最後は色トリドリの風船を会場にいる全員で空へ放ちました。
MCによると、セクシュアリティを含めて人にはさまざまな個性が存在していて、
それを社会が受け入れて、初めて皆がハッピーになれるのではないかと。
そんな想いを、たくさんの色が共存している「虹」に重ねて、
たくさんの色の風船を用意したらしいです。
もう涙腺崩壊は止まってましたが、応援したい気持ちでイッパイでした。

あ!
今回挙式をあげた方々、お幸せに♪

うっちでした。

私の心の中のモンスターたち by 2012年2月15日

ずっと昔に買ったニンテンドーDSが、
米びつの中から出てきた(!?)ので記念にゲームを買いました。

「ポケットモンスター ブラック・ホワイト」

ポケットモンスター(以降「ポケモン」)は、
動物のような生物をモンスターボールというアイテムで捕獲し、
図鑑を完成させることを目的としたRPGです。
収集癖が酷い僕にとってはウズウズが止まらない内容です。
ポケットモンスター@wikipedia

同時にポケモンを育成して戦わせることができ、
ポケモンを友達と通信交換&対戦ができる点が一番のポイントでしょうか。
中には友達と協力しないと手に入れられないポケモンが存在する所がミソ。

思い返すと「ポケモン」というゲームとの出会いは、
1996年の初弾である「ポケモン 赤・緑」でした。
まだゲームボーイがモノクロで重厚感あふれていた頃に、
中学生だった僕はコミックボンボンに紹介されていたポケモンの
ゲーム内容に感動して、発売日に買いに行ったわけです。
発売直後はそれほど売れなかったようですが、
徐々に売り上げを伸ばし、最終的には現在のように大ヒット。
どうですか、この先見の明(笑)!

「ポケモン 赤・緑」で燃え尽きて、
以降はまったく同シリーズの続編に手を出していなかったのですが、
14年越しにプレイした「ポケモン ブラック・ホワイト」は驚きの連続でした。

まずカセットはペラペラ。
なのにゲーム画面はフルカラーで、町はCGでしょうか?アングルによって
立体的に角度がつけられ、退屈だった町探索が楽しい(笑)。
ポケモンもピコピコ動き、技の演出もアニメーションでドラマチック。
いや~今の子供は贅沢だなと終始感動しっぱなしでした。

ユーザーインターフェースに関しては、
操作はタッチスクリーンが可能なように、
ボタンが大きいなど、判りやすく簡略化がしてありました。
スマホサイトのデザインや操作性の向上に活かせる部分も多く、
プレイをしながら勉強にもなりました。
子供が使用することを想定したものは、シンプルで使い勝手が良いですね。

実はこのゲーム、クリア後に
過去シリーズのポケモンを捕獲することができるのです。
14年前に一緒に冒険したポケモンたちを見つけ出すために、
もうしばらく草むらを走りまわりたいと思います!

ポケットモンスターオフィシャルサイト
【ポケットモンスターオフィシャルサイト】

…ノブナガの野望(笑)!?

クリエイト&クリエイション&クリエイティビティー by 2012年1月13日

あけましておめでとうございます。
&おひさしぶりです。

弱ゴミ屋敷と化していた我が家を全力で掃除したところ、
空気の乾燥とハウスダストで喉のイガイガが取れない未だにうっちです。
でも我が家が別空間と化したようで毎日が楽しいです。

そんな部屋にオシャレオブジェでも置きたい気分に答えてくれそうなイベント
「クリエーターズマーケット」に昨年末にお邪魔しました。
どうですか、このインスピレーションどくどくな感じ。ワクワクしますね。

クリエーターズマーケット

「クリエーターズマーケット」の概要ですが、
毎年2回、夏と冬に名古屋で開催されている、
さまざまな創作物が展示販売されているイベントです。
第1回は99年11月28日に開催され
来場者は約2500人、出展者は約600人だったそうですが、
昨年末の第25回は
来場者が約44,328人、出展者が約3,500人だったそうです。

実際にお邪魔した感想ですが、
イベントコンセプトが【東海地区最大の「つくるひと」の祭典】であるとおり、
絵や小物から始まり、衣類や陶器までいろいろな創作物があって、
それぞれどういう経緯で創作したのかなどお話をしていると、
一日があっという間に過ぎます。
何かに行き詰った時に、フラッと足を運びたくなるような。そんなイベントです。

次回は第26回は6/30&7/1の2日間開催。
こんどは出展者として参加するのも楽しいかもしれません!

【クリエーターズマーケット-東海地区最大の「つくるひと」の祭典-】
http://www.creatorsmarket.com/

Simple is the Bestゲー by 2011年11月10日

最近のゲームって操作やストーリーが複雑で難しかったり、
グラフィックに力を入れすぎたりして、どこかがオザナリになっていて
逆に面白くなくなっている気がするんです。
一部で「初代スーパーマリオを超えるゲームは未だに存在しない」と
言われているのも判る気がします。

そんな中、今月は久しぶりにゲームを買ってしまいました。

ICO

ワンダと巨像

今回買った2作、ストーリはとてもシンプル。
「ICO」…少女を古城から連れ出す。
「ワンダと巨像」…巨像を倒す。
どうですか「Simple is the Best」。

操作もシンプルで、とても簡単なんです。
「ICO」…少女と手を繋いで導く&守る。
「ワンダと巨像」…巨像によじ登る&倒す。
どうですか「Simple is the Best」。

ストーリー&操作がこれだけシンプルだと、
つまらないんじゃないか?という疑問も起こります。
ですが逆にこれだけシンプルだと、1つ1つの行動に集中させられ、
存在もしない温もりや健気ささえも感じ取れるようになってきます。

緻密に計算された「Simple」ほど、
味わい深く、想像力を駆り立てられるものはありません。
ぜひお試しを。

そんなゲームをクリエイトした「上田文人氏」の
経歴やセンスに関するインタビュー記事を見つけました。
「独学」という言葉に執念や情熱を感じます…!!

上田文人(SCE)インタビュー記事

最近、プライベートではわりとガツガツめに生きているのですが、
「Simple」を楽しめる感性も必要なのかもしれないと思った うっち でした。

エセーム姉さんと私 by 2011年9月6日

時に追われる日々を過ごしていたら、
いつの間にか夏が終わろうとしていました。
今年もガングロなうっちです。ちょりす。

20代最後の「自分探しの旅」、まだまだ継続中です。

先日、いつもお世話になっているエセーム姉さんと
その仲間たちとでキャンプに行ってきました。
場所は三重県の田舎で、小さなコテージを貸しきっての
修学旅行で楽しむことができた2日間でした。
いや~楽しかった。

恋バナやミニコント(?)を繰り広げる中、
エセーム姉さんには実は霊能力があるとの話になりました。
体に触れるだけで相手の体の悪い部分を
感じ取ることができるということで、観てもらいました。

【結果】心臓、奥歯、腰、足に要注意

腰と足は確かに負担がかかっているのですが
心臓と奥歯は悪いという意識は無かったので、
まぁ有りがちな部位を並べてるのかな~と
半信半疑になりながらも翌朝解散しました。

ところが、その日の夜になると突然奥歯が痛みだし、
歯医者にいくと虫歯ができていました(驚)。
しかも右上&左下のW虫歯。

周りからは「考えすぎだってー」と小バカにされましたが、
僕はわりとこういうのを信じないタイプだったのに、
まんまとリアルタイムに透視されちゃって超ショック。

それより今回の一件で、我が心の臓に何が起きるのかドキドキです。
喘息持ちなので肺のほうが心配なんですが、心臓ですかエセーム姉さん!?
というより、呪的な何かをしたんじゃないのですかエセーム姉さん!?
…あ、これが「考えすぎ」ってやつですね(笑)。

他にも霊は緑色のスライムのような外見しているとか、
死神はゲーム「サイレン2」に出てくる闇人とソックリだとか、
いろいろ聞いてますが、もはや何が真実なのか判りません!
この世には、まだまだ知らないことがいっぱいのようです。
超ヒトシ君が何体あっても足りません。

あ、そもそも自分のことすら知らないや。
20代最後の「自分探しの旅」、まだまだ継続中。
うっちでした。

はたちあまりここのつ by 2011年6月8日

実は今年29歳になりまして。
もう10ヶ月すればトゥエンティーネイジャーを
卒業しなければいけないのだと思うと、
不安で足がガックガクになります。

そんな我ながらいたたまれない状況を打破すべく、
今年は今までやったことない事をして、少しでも完成度の高い状態で
三十路を迎えようと思う次第でございます。

その第一弾として、おみくじに行ってきました(軽)!
崇拝する神をもたずに、ふらふら生きてきた可哀想な29歳男子に、
明治神宮さまがくださったお導きは、なんと…

【大御心】!!

「自分の良心にきいてみて、少しも恥ずるところがなければ、
世間の人は何と言おうと、動揺することはありません。」とのことです。
要するに自信を強く持つこと、だそうです。

明治神宮さま、わたくしは恥ずるところだらけです。
よろしければ、それ以前の問題として
どのように生きれば自信を強く持てるかを教えていただきた…いやいや。
20代最後の一年を、その道を探すことに費やしなさいということですよね!

そんなこんなでさっそく迷子の うっちでした。

あたしって、ほんとバカ by 2011年5月19日

あまりに平凡な人生を送ってきたので、視野を広げる目的で
弊社のオタク娘に今流行りのアニメを聞いてみました。
光のような速さで返ってきた答えが、

魔法少女まどか☆マギカ」。

えーと、タイトルから察するに、
某プリキ○ア、某セーラーム○ン系のキラキラしたノリなのだろう。
体中からあふれ出す拒否反応。
けっこう辛いんです、あのキャピキャピしたノリが。
この年齢になると、火サスを観ているほうが断然安らぎを感じます。

ところがオタク娘(=ネットの住人)によると、
どうやら「エヴァの再来」と呼ばれるほど内容がシビアとのこと。
…それは気になるっ!!

そして気付けばオタク娘よりも先に最終回を観てしまいました。
いや~面白かった。
「女の子が変身して、技名を叫びながらステッキで魔法を使う」という
魔法少女モノの概念を「魔法少女」という定義から180度覆してくれる、
ガガ様もビックリな斬新アニメでした。

誰かの幸せを願った分、別の誰かを怨まずにはいられない、
そんなちょっと性格が捻じ曲がったアナタにオススメな一本です!
魔法少女まどか☆マギカ@wikipedia

オタク娘の登場により、「自分は普通だ」と表現していた意味が
やっと周囲に認知されつつある、うっちでした。

P.S.まどマギのイラスト、楽しみにしてます。>AYUMIさん

およそ232時間の時を越えて by 2011年1月31日

今更ですが、あけましておめでとうございます!

去年は1年で映画を100本観ようという目標を設定してまして、
途中くじけそうになりながらも気付けば116本も観ていました。
いや~、映画って本当にいいもんですねv

新旧&ジャンルともに何も意識せずに観たので
統一感の無い116本ですが、達成の証として載せておきます。

———————————–
116:アメリ
115:タイタンの戦い
114:トロンレガシー
113:バイオハザード4
112:ワンピースSW
111:宇宙戦艦ヤマト
110:アイランド
109:レナードの朝
108:ロフト
107:ムーンチャイルド
106:タクシードライバー
105:蟲師
104:SAW7
103:25時
102:大日本人
101:21グラム
100:ブラインドネス
099:パラノイド・パーク
098:トレインスポッティング
097:π
096:アリス・イン・ワンダーランド
095:ボーイズ・ドント・クライ
094:パンズ・ラビリンス
093:スタンドバイミー
092:SAW1
091:バイオハザード ディジェネレーション
090:インディ・ジョーンズ クリスタルスカルの王国
089:ハムナプトラ3
088:インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説
087:ルパン三世 カリオストロの城
086:エヴァンゲリヲン破
085:エヴァンゲリヲン序
084:バイオハザード3
084:バイオハザード2
083:ハリーポッター4
082:20世紀少年3
081:オーシャンズ13
080:アイズ・ワイド・シャット
079:ナショナルトレジャー
078:20世紀少年2
077:シューテム・アップ
076:ギフト
075:ナショナルトレジャー2
074:ドリームガールズ
073:マクロス 愛・おぼえていますか
072:サマーウォーズ
071:アンダーワールド3
070:アンダーワールド2
069:ビッグ・フィッシュ
068:コンフィデンス
067:バベル
066:ハウス・オブ・ザ・デッド2
065:アティック
064:ラスト・ブラッド
063:トイストーリー2
062:ダイハード3
061:耳をすませば
060:センター・オブ・ジ・アース
059:紅の豚
058:ザ・ダーク
057:スリラー
056:エクソシスト ビギニング
055:12モンキーズ
054:デジャヴ
053:ザ・セル
052:タトゥー
051:フォースカインド
050:アメリカンヒストリーX
049:アザーズ
048:コベナント
047:グッド・シェパード
046:モンスター
045:シリアナ
044:シグネチャー
043:エヴァンゲリヲン破
042:ショーシャンクの空に
041:AVP2
040:ブリーチ1
039:プリシラ
038:羊たちの沈黙
037:バタフライエフェクト2
036:ハンニバルライジング
035:レッドドラゴン
034:ルーム33
033:REC2
032:ナチュラルボーンキラーズ
031:TRICK
030:トーチ・ソング・トリロジー
029:アイ・アム・レジェンド
028:SAW 6
027:パイレーツ・オブ・カリビアン3
026:パイレーツ・オブ・カリビアン2
025:レスラー
024:プラトーン
023:HURT LOCKER
022:HERO
021:エラゴン
020:崖の上のポニョ
019:アバター
018:マザー
017:天空の城ラピュタ
016:マーターズ
015:プラネットテラー
014:バンテージポイント
013:ウォンテッド
012:天使と悪魔
011:クローバーフィールド
010:機動戦士ガンダムF91
009:トランスポーター3
008:路上のソリスト
007:3時10分、決断のとき
006:スカイ・クロラ
005:サスペリア・テルザ 最後の魔女
004:消されたヘッドライン
003:ゴーストハウス2
002:ワールド・オブ・ライズ
001:カーズ
———————————–

ぶっちゃけ…しばらく映画は観なくて良いかなと(笑)。
平日2時間を映画に使っちゃうとそれだけで寝る時間になりますし、
何気に年間100本はキツかった。
去年映画に使っていた2時間を、今年は有効利用しようと思います。

よほどキツかったのか、
年明けから一度もゲオに立ち寄る気が出ないまま2月を迎える
うっちでした。

Myオシャレ図鑑 ベスト3 by 2010年12月15日

昔から図鑑とかを眺めてニヤニヤしているようなヘンな子でした。
そんなヘンな子が、思わず衝動買いしてしまった3冊を紹介します。

深海

一昔前の図鑑ではイラストでしか載っていなかった深海魚が、
今では鮮明な写真が掲載されるようになっていたんです。
イラストを見て「こんな形、絶対ウソでしょ」と思っていたアナタにオススメ。

EVOLUTION 骨から見る生物の進化

骨というのは「身体を支える」という機能のみに特化した組織ですが、
そこにある造形美を緻密なモノクロ写真で掲載している図鑑です。
住む環境や種族によって、さまざまな形状に進化した骨を眺めていると
生命の神秘に驚かされます。あとカルシウムを摂取したくなります。

透明標本~New World Transparent Specimens~

骨格標本というと、乾いた骨を繋ぎ合わせたものを想像しますが、
最新の標本技術「透明骨格標本」は肉を薬品で透明にすることで、
骨のみを見えるようにできるようです。→透明骨格標本@ウィキペディア
一見すると完全にCGじゃないかと疑ってしまうのですが、
よくよく見ると本物のディテールが溢れています。
あとカルシウムを摂取したくなります。

make your choice. by 2010年11月26日

これまた久しぶりに映画館に行ってまいりました。

ソウ3D ファイナル

2004年に第一作目が発表され、
その後毎年続編が公開されてきた本作ですが、
今年公開された第七作目にしてやっと完結。
いや~長かった=3
3D化が加わりとても悪趣味な仕上がりになっていますので、
お好きな方…ドウゾ(笑)。

シリーズを通して観た感想は人それぞれですが、
やっぱりシリーズの原点とも言える『ソウ1』がベストでした。

悪人を捕まえ、命の大切さを思い知らせる罠にハメる
殺人鬼『ジグゾウ』により、密室の中で足を繋がれた二人の登場人物。
彼らを軸に、最初は明かされなかった二人の関連性や
ジグゾウの正体などが刻々と判明していくストーリーです。
極限状態に置かれた二人が相手に不信感を抱いたりする心理的な駆け引きや、
密室の中に散りばめられた謎を解き明かす巧妙な仕掛けなどの
奥深いストーリー展開から『ソリッド・シチュエーション・スリラー』
というジャンル名を確立させたほどの作品です。
ソウ1@ウイキペディア

そんな『ソウ1』をより面白く楽しむためのサイトを
通な方に教えてもらいました。
精神科医である著者の映画考察なのですが、
心理学&医学を用いての深読みがめちゃくちゃ面白いです。
映画「ソウ SAW」完全解読

そこに友情はあるのかい? by 2010年11月4日

某ボブカットに触発されて、
実は「年内に映画を100本見るゾ」という目標をたてて実行中です。
あと2ヶ月で、のこり5本。楽勝ですフフフ。

ここ最近一番良かったのが「スタンドバイミー」。

ベタですが、一度も観たことがありませんでした。
原作は『ショーシャンクの空に』『グリーンマイル』などで有名な
スティーヴン・キング。
あと『24』のキーファー様がヤンキー役でご出演なされてました。

ストーリーは4人の少年がとある死体を捜すために、
線路に沿って歩いていく中で、
お互いを知り、友情を見出し、成長していくというもの。

…美しい。とても美しい。
幼い頃によく遊んだアイツと、もう一度バカがしたくなる映画です。

しかし同時に「友情」の意味が判らなくなりました。
たぶん意味を考える時点で、もうあの頃には戻れないのでしょうね。
フッ…。
友情@ウィキペディア

以上、人生という線路でスタンドバイミーしてくださる方を
絶賛募集中の うっちでした。
※お金をいっぱいお持ちの方に限り、ご連絡をお待ちしております。

結婚式フォーゥ by 2010年6月8日

先日、ご縁がありましてNLGRに参加させていただきました。

NLGRというのは
「Nagoya Lesbian & Gay Revolution」の頭文字をとったものであり、
毎年この時期に開催されている、セクシャルマイノリティ向けの
無料HIV検査会&HIV感染予防啓発イベントだそうです。

栄にある公園で二日間にわたって開催され、
さまざまなステージイベントや販売ブースがあったそうです。
僕が行った時には、ちょうど同性愛者の方同士の結婚式が行われていました。
両方タキシードを着た男性同士のカップルもいれば、
片方がタキシードを、片方がドレスを着た女性同士のカップルもいました。

話を聞くと、日本ではまだ同性愛者の方同士の結婚は認められていないため、
NLGRのようなイベントで結婚式ができる機会を用意しているそうです。
実は婚姻届も記入し、届けることもできるという本格ぶり。
届け先はNLGRの事務所だそうですが、近い将来に
区役所などに届けられる日がきた時のために保存してあるそうです。

まだ世間に認められず、祝福されにくい立場の彼らですが、
公園に集まった数百人の前に堂々と立ち
多くの拍手で祝福されながらお互いに愛を誓い合う姿を見て、
恋愛対象が違うだけで同じ人間なんだなと感じました。
同時に、不便な境遇に負けずに、
こういう場を用意して支えあう逞しさにも感動しました。

皆さん、お幸せに!

ちなみに帰り際、一人の男性にナンパされました(驚)。
丁重にお断りしましたが、モテ期到来の予感に
胸のドキドキが止まらない うっちでした。

“WAR IS A DRUG” by 2010年3月8日

アカデミー賞受賞で騒がれている、
イラク戦争での米兵爆発物処理班を描いた戦争映画
「ハート・ロッカー」を観ました。

爆破テロ事件が報道されていますが、
実はその数倍もの事件を未然に防いでいるのが爆発物処理班。
いつ爆発するか判らない爆発物を最悪の場合は手で処理するため、
死亡率は他の兵士の5倍以上だと言われているそうです。

そんな爆発物処理班に所属している3人の
任期が終了するまでの38日間をもとに、
死と隣り合わせな状況に放り込まれた兵士の心情を
リアルに描いています。

あまりのリアルさに、
途中からドキュメンタリーを観ているような錯覚に陥ります。
実際に、劇中で見せられる風景や出来事は、
世界の裏側で起きているもの。

アメリカのイラクへの部隊派遣を批判するのは簡単ですが、
実は彼らにより救われている命があること、
実は彼らも苦しんでいることを知らない人も多いのではないでしょうか?
オススメです。

【ハート・ロッカー】
http://hurtlocker.jp/

放浪の旅へ by 2010年3月2日

先日、思い出を探しに関西へ旅をしまして、
ついでに「井上雄彦 最後のマンガ展」に行ってきました。

井上雄彦 最後のマンガ展 重版(大阪版)

宮元武蔵を描いた漫画「バガボンド」に関連した話を
展示方式で見せていくという内容でした。
なんとなく内容は聞いていたので、
きっと淡々と壁にかけられているものを観るだけなんだろうな~と
思っていたのですが、これが予想を大きく裏切りまして。

1ページまたは1コマに込められた感情や役割を、
紙の質やサイズ、墨の濃淡や構図、
証明や空間レイアウトといった見せ方を駆使して
最大限に引き出した状態で見せてくるので圧倒されました。
おまけに使用されているのは直筆原稿なので、
墨のムラや気泡などの印刷物では潰れてしまうような
勢いを感じるディテールが迫力満点でした。

「漫画=本」という固定観念を覆してくる辺り、
やられたなーと思わされた展示会でした。
現在開催されている大阪版は3月14日(日)まで、
仙台版は2010年5月初旬~6月中旬の予定だそうです。
オススメです。

【井上雄彦 最後のマンガ展 重版(大阪版)】
http://www.suntory.co.jp/culture/smt/gallery/
【INOUE TAKEHIKO ON THE WEB】
http://www.itplanning.co.jp/
【FLOWER】
http://www.flow-er.co.jp/

とりあえずスラムダンクを大人買いしたい衝動に駆られている、
うっちでした。
でもスポーツ漫画のノリがとても苦手です。

テレホンショッキング by 2010年1月14日

「何か必死でしょう、最近の携帯。
話せりゃいいって思うんですけどねー。
電話なんやしねー。」

一時期は某人志様のそんなセリフにシンパシーを感じていましたが、
先日、携帯電話の機種変更を約2年ぶりに行いました。

…今の携帯電話ってスゴイですね(驚)!!

今更で大変恥ずかしながら、
ワンセグ機能にひどく感動しました。
しかも携帯電話で予約録画まで出来ちゃうなんて、
ドラえもんの登場もそう遠くは無い気がします。いやホント。

ここまでくると、なぜ携帯「電話」と呼んでいるのか判らなくなります。
「携帯エヴリシング」とかにすれば良いのに。
今もっとも携帯エヴリシングに近いと思われるi-Phoneなんて、
ハマるのが恐くて触れません。近づけません。直視できません。

久しぶりに家電熱が再燃しそうな2010年です。
今年は3Dテレビが熱くなるそうですよ!

以上、入浴しながらテレビを見るという
エレガントな生活の幕開けに戸惑いを隠せない うっちでした。
ワンセグ+半身浴で”つるすべ美肌”を手に入れますっ!