lablogBlog

  1. HOME
  2. lablog
  3. ツブヤキに支配される情報社会ピープル

ツブヤキに支配される情報社会ピープル

うっち

先日、話し上手だと言われている方とゴハンに行きました。
目的は、もちろん「話し上手になるためのコツ」を聞き出すため。

ゴハンの席につき次第、落ち着き無くスマホを触りだす相手。
5,10分ごとに画面を覗き、その度に止まる会話のテンポ悪さ。
…え、話し上手だと聞いたんですけど?

急な用事があるのでしたら、別の機会にしますか?と聞いたところ、
返ってきた答えがコレ:

「ううん、Twitterだから大丈夫!」

お父さん、お母さん。
私もやっと出会えましたよ…Twitter依存症の方に(笑)。

Mixiでの日記ブームを経て、
気楽&リアルタイムな「ひと言コミュニケーション」が話題になって
爆発的に普及したTwitter。
最近では、さまぁ~ず三村氏もハマったことで盛り上がっています。

誰でも簡単に情報発信が可能なので、
ゴハンの写真、映画の感想、旅行先のキレイスポットという身近な話題から
政治への批判や、物事に対する意見、専門的な知識という高度な話題まで、
ありとあらゆる情報が交差します。

「話し上手」だと言われるコツは、
実はこのTwitterが大きく関係しているみたいです。

その人は普段から周囲のツイート内容を随時確認しているようで、
実際にその相手と会った時に
蓄積した情報の中からネタを引っ張り出してくるそうです。
(例:この前ツイートしてたゴハン、どこで食べたのー?…etc)

加えて、自らも情報を発信することで
その情報に反応をする人を特定し、反応次第で次の行動を決定していくようです。
最後はその行動で、相手のハートを鷲掴みにすると。
(例:○○カフェなう!
   →そこ、□□が美味しいよ!
   →じゃあ□□食べようかな!
   →教えてくれた□□、すごく美味しかったよ!…etc)

5,10分ごとに画面を覗いていたのは、自らのツイートに対する
周囲の反応を今か今かとチェックしたようです。
ちょっとコビを売りすぎている印象も受けますが、理屈的には納得できます。
ただ・・・何でしょう・・・

この「ソウジャナクテ感」。

情報社会なので【情報】をたくさん持っていることは確かに武器にはなるのですが、
人との会話においては、多くの武器を用意したところで
それらを評価してくれる相手がいないと、全く意味が無いと思うんですよね。

その相手を繋ぎとめておくための、隠された武器。
もしかするとそれは【マナー】なんじゃないかと感じました。
自分はどうも、マナーをある程度もっている相手じゃないと
気持ちよく会話ができないタイプのようで、早々に解散しました(T人T)

【情報】と【マナー】。

情報社会まっただ中で、どうバランスをとって生きていくか。
三十路にして、思わず自分の会話スタイルを見つめなおしてしまいました。

ところでツブヤキシローさんは、元気にされているのでしょうか?
と思って検索してみると、Twitterで再ブレイクしているご様子。
ツールの使い方次第で、人はどっちにも転ぶ。あるねぇ~。うっち でした。

お気軽にお問い合わせください。

ミッションが明確な方も、まだまだ漠然としている方も、お気軽にご相談ください。
経験豊富な担当者がお応えします。

お問い合わせ