lablog

テレホンショッキング by 2010年1月14日

「何か必死でしょう、最近の携帯。
話せりゃいいって思うんですけどねー。
電話なんやしねー。」

一時期は某人志様のそんなセリフにシンパシーを感じていましたが、
先日、携帯電話の機種変更を約2年ぶりに行いました。

…今の携帯電話ってスゴイですね(驚)!!

今更で大変恥ずかしながら、
ワンセグ機能にひどく感動しました。
しかも携帯電話で予約録画まで出来ちゃうなんて、
ドラえもんの登場もそう遠くは無い気がします。いやホント。

ここまでくると、なぜ携帯「電話」と呼んでいるのか判らなくなります。
「携帯エヴリシング」とかにすれば良いのに。
今もっとも携帯エヴリシングに近いと思われるi-Phoneなんて、
ハマるのが恐くて触れません。近づけません。直視できません。

久しぶりに家電熱が再燃しそうな2010年です。
今年は3Dテレビが熱くなるそうですよ!

以上、入浴しながらテレビを見るという
エレガントな生活の幕開けに戸惑いを隠せない うっちでした。
ワンセグ+半身浴で”つるすべ美肌”を手に入れますっ!

LIFE MICHAEL 1958-2009 ライフ誌特別編集 マイケル・ジャクソン追悼 by 2010年1月14日

「LIFE MICHAEL 1958-2009 ライフ誌特別編集 マイケル・ジャクソン追悼」という本を読みました。

michael

マイケル・ジャクソンが亡くなってから半年程度経ち、最近はマイケルの報道も減ってきた様に思います。
個人的にはマイケル・ジャクソンというと、肌が白い時のイメージしかありませんが、本書の中ではジャクソン5時代の幼い頃のマイケルもたくさん掲載されています。
個人的には、肌が黒かった頃の方が幸せそうに見える写真が多かった気がします。

LIFEというと「写真」とか「オシャレ」とか「超有名」というイメージを持っていましたが、今はもう発行されていないようですね。
写真を中心とした雑誌ということで、さすがにレアと思われる写真も多いようです。(そんなに詳しくないのでわかりませんでしたが)

「キング・オブ・ポップ」と呼ばれた彼ですが、彼の様な世界中から愛されるようなスターはこれからも出現するのでしょうか?
60年代のビートルズ、70年代のプレスリー、80年代のマイケル・ジャクソン。
しかし、90年代・00年代はというと、なかなか意見が分かれそうです。(ちなみに自分の世代だとニルヴァーナだと思います)

嗜好の多様化と言われる現代ですが、これって日本だけの現象じゃないのかもしれませんね。
10年代は、誰もが納得してしまうようなスターの出現に期待したいなと思います。

走り初め by 2010年1月8日

663
みなさま、あけましておめでとうございます。
本年もWMWならびにこのラボログをよろしくお願い申し上げます。

さて、新年というのは、なにかしら新しいことをしてみたくなるものです。
2ヶ月の娘がいる我が家は、今年、基本的には巣ごもりなお正月。
ですが、嫁さんの親友来訪にあわせ、1人の時間というお年玉をいただきました。
そこで、この時間を使って初の浜名湖ロングツーリングをしてきました。
浜名湖は東岸と北部を中心に自転車道が整備され、
その気になれば湖岸1周もできるサイクリングスポットです。
今回は時間の制限もあるので、浜名湖ガーデンパークから三ヶ日付近を往復する
自転車専用道を走るコースを設定。
総走行距離約53kmを2時間ちょっとかけて走ってきました。
平均速度は23km/h程なので、まずまずのペースで走れたのではないでしょうか。

自転車専用道とはいえ、車止めや段差、直角カーブなどがあり、
ぼーっと走っているといろんなものに激突したり、
湖に落っこちる危険があります。
でも、ちゃんと意識を保っていれば、おおむね快適なコースです。
信号がなく止まる必要のない道を、時に無心に、また2010年のことをさまざま思い悩んだりと、
脳の休息と運動もしっかり行って走ってきました。
なかなか充実した時間を過ごせたのではないかと思います。
これがこれからの仕事に生きてくれると良いのですが、
今は仕事より、また走りたくて仕方ありません。
次回は1周にチャレンジですね。

この時期の浜名湖周辺は、いたるところにミカンの無人販売所があり、
お土産購入に迷わないのもいいですね。安いし。

今年の忘年会 by 2009年12月28日

902bounenkai

今年最後の忘年会を902のみんなでやりました!

今回乾杯の音頭をNAGAIさん、締めの言葉を中山さん(は毎回定番)で担当。

この写真の頃は忘年会も終盤・・みんな若干ほっぺたが赤くていい気分になってます♪

こちらの居酒屋さんで飲むことはプライベートでも初めての人が多かったので知りませんでしたが、最後のデザートに「シューアイス」が配られました(笑)

な、なんだか新鮮!

みんなでおいしくいただきました♪

1次会のお店のメイン料理はお鍋。

この後、2次会のお店でもお鍋を食べて。

鍋、鍋、鍋の今年の忘年会、楽しかったです☆

サンタ準備 by 2009年12月18日

DSC_0165
もうすぐ、クリスマスですね。
不況とはいえ、今週末から23日のお休みにかけては、
各地おもちゃ屋はそれなりの騒ぎになるのでしょう。

22日生まれの長男はまもなく3歳。
そろそろ、一生残る記憶が作られる年齢なので、あんまり適当なことはしていられません。
嬉しいことに?おもちゃには執着しないタイプので、さらに、選択が難しいのです。

父は私が小学校低学年まで、見事に「朝起きると枕元にプレゼント」を実行してくれました。
25日朝の踊り出したくなるような喜び、息子にも伝えていかねばと思っている次第です。

自分がこういう事を考える立場にいることが、まだちょっと不思議なHagiでした。

息子よりもまず、嫁さんへのプレゼントを真剣に考えることが
重要なんですけどね。私の立場上…。

今年のリース by 2009年12月9日

今年もリースを作りました。

今年は木の実のリース☆

円形のスポンジに松ぼっくりやくるみの殻、ドライオレンジなどなど

好きなものを好きな場所に好きなだけくっつけていきます。

去年本物のモミの葉っぱで作った時はリースの形を作るのでさえ難しくて

四苦八苦しましたが・・・

今年は土台を作らなくていいぶん簡単に作ることができて

本当に楽しかったです!

トイレのドアに飾った去年のリースは外して今年のリースに衣替え。

廊下がまたぱっと華やかになりました。

また今年も自画自賛です☆

lease

海人ではなく、今は狩人です。 by 2009年12月8日

めったにゲームはしない子なのですが、
数ヶ月前から「モンハン」を始めました。

「モンハン」というのは、株式会社カプコンから発売された
ゲーム「モンスターハンター」のことです。
MONSTER HUNTER|モンスターハンター 公式ポータルサイト

monhunt

タイトルの通り、モンスター狩りをするゲームなんですが、
このゲームの凄いところは最多4人で協力して狩りができる点です。
ポータブル版なら携帯ゲーム機さえ持って行けば、
どこでもプレイできるとのことで、
友達のグループに参加して4人で狩り行ってきました。

感想:楽しい!!

ゲーム自体もアクション性があって面白いんですが、
コミュニケーションツールとしても良いなと感動しました。

モンハンの存在は発売当初から知っていたのですが、
人に会った時は会話をして、その人のことを知りたい派だったので、
どうもモンハンは好きになれなかったんです。

でも実際プレイしてみると、
強いモンスターを倒すには「ダメージ食らっちゃった!誰か回復して!」など、
声を掛け合って協力する必要があるので会話が必然的に発生します。
プレイ以外の時間でも、モンハンから生まれる共通の話題ができ、
そこから自然な流れでお互いのことを知ったりすることができるなど、
結果的に仲良くなりやすかったことに気付きました。

ここ最近で一番損した「食わず嫌い」かもしれません。
今では、すっかり軽蔑していた「ファミレスハンター」に
なっちゃっていた うっちでした。

「Google日本語入力」登場 by 2009年12月4日

Google 日本語入力」が昨日(12月3日)にリリースされました。
googleime
この「Google 日本語入力」というのはGoogle版のIMEなんですが、このIMEというのは利用頻度が高い割には今まであまり選択肢がなかった気がします。
IMEなんてあまり気にしない人はOSに最初からインストールされている「MS-IME」や「ことえり」等を利用している人も多いでしょうし、お金を払って買おうと思ったら、「ATOK」を選択する人が大多数では無いでしょうか?
そんな分野にGoogleが参入して来ました、もちろん無料で。

自分も実際に自宅のパソコンへインストールしてみましたが、Googleのサイトで検索している感覚に似ていて、「今っぽい単語」や「有名人の名前」等に非常に強い印象を受けました。
「ATOK」にはまだ及ばないという意見が多いですが、「MS-IME」や「ことえり」などOS付属のIMEを利用している人は、一度試してみても良いかもしれません。

はじめましてのご挨拶 by 2009年11月26日

どーも、はじめまして。MAEDAです。

8月からお世話になり、よーやく登場させていただきました。住まいは岡崎です。そーです、三河。味噌と徳川家康の街です。

もう数十年岡崎で生活してますが、一家の誰一人としてこの岡崎生まれじゃないんですよね。私は大阪生まれ、妹は博多、母君は豊川、親父さんは名古屋。

なのでなぜ、名古屋育ちの親父さんがこの街を選んだのかは、未だに謎です。

よっぽど好きなんでしょうね。博多時代も車のナンバーは「三河」ナンバーでしたし。の割には、何かあると「これだから岡崎人は」と言う辺り、ずっとよそ者気分ですけどね。

お仕事面では、これまで製版オペ、雑誌編集、フリーライター、ディレクターなどいろいろかじってきたので、今ひとつ何者なのか自分で良くわかっていません(苦笑)

むしろ、「自分はこれなんだ!」って枠をつくらない方が様々な仕事に対応できると思ってます。特に最近、強く感じてますよ。

では、これからよろしくお願いします!

Elvisという名のテキストエディタ by 2009年11月26日

プログラマーにとってテキストエディタというのは、料理人にとっての包丁みたいなもので、とっても拘りの強いソフトだと思っているのですが、最近とっても拘りを感じるテキストエディタを知ったので、紹介したいと思います。

elvis-icon
The Elvis Text Editor Homepage

超有名なテキストエディタソフト「Vi」の派生ソフトです。
まずこのアイコンでグッと心を掴まれました。
Viの派生ということでEl”vi”sってことなんでしょうが、ネーミングセンスといい、アイコンといい、なかなかツボをついていると思います。

機能の特徴としては、「ブラウザモード」なるものがあるらしく、HTMLファイルがElvis上でちゃんと表示されたり、FTPの機能が付いていたりと、通常のVi派生テキストエディタとは一味違った機能もありそうです。
全体的に癖がありそうですが、ロックが好きな方は一度インストールしてみても面白いかもしれません。

缶ビール飲料に関するレポート by 2009年11月20日

TS3C0145

「家飲み」がブームだそうです。

外に飲みに行くと「何でこんなものがこの値段…」と言うことが多々あります。それを笑って許せる経済状況ではなくなったわけですね。寂しい話ですが。

家飲みでも経済を優先させようと考えると、最近の発泡酒や「新ジャンル」と呼ばれるビールタイプの飲料が選択肢に入ってきます。皆さんは飲んだことありますか?

スーパーに大量の種類が出ています。そして最近「麦芽2倍」とか「ホップ2倍」と書かれた、これまでとは違うんだよって雰囲気の新ジャンルが目につくようになりました。目につくので、飲んでみました。

アルコールには弱いので、1日1本。壮大な日数をかけてのチェックです。

結論からすると新ジャンルに関しては「麦とホップ」以外はリピートはないでしょう。原材料がスピリッツなので、アルコール臭が強いのは致し方ないのですが、香りすぎです。それが一番しなかったのが「麦とホップ」でした。

このチェックで得たものは、普通のビールがやっぱり美味しいと言うこと。

毎日飲むよりは、これまで通りの「良いモノを少しだけ」という付き合い方が一番美味しいみたいです。

あとアルコール0%もチェック中です。現在は「アサヒポイントゼロ」がトップかな。

そんな家飲み派の私ですが、今週末は友人に連れられて「メイド居酒屋」に挑戦です。レポート聞きたいですか?

続々:海の男イェーイ by 2009年10月30日

ダイビングのライセンスを取った記念に、
沖縄の宮古島に行ってきました!

石垣島も綺麗でしたけど、
それ以上に宮古島は綺麗でした。
ダイバーさんによると
川が無い島は、海が澄んでいて綺麗らしく、
宮古島はその代表的な例らしいです。

あと観光客が少ないのもあって、
サンゴとかが破壊されていない、
綺麗な状態でゴロゴロと残っていました。
ただ、クマノミがそこら中にいて、
ちっとも可愛くありませんでした(笑)。
あれは、たまにヒッソリといるから可愛いのに。

okinawa3

okinawa

okinawa2

ちょうど南から台風が3つきていて、
直前までキャンセルしようかドキドキしていましたが、
曇ることはあったものの、雨はほとんど降りませんでした。
前回も前日に台風が通過したりしたので、
結構な「晴れ男」なんです。旅行のお供にぜひ。

今年の夏は旅行しまくったので、貯金が底をつきそうです。
節約を始めるため、外食を断った うっちでした。

マラソン大会 by 2009年10月26日

3ヶ月ぶりのブログです。

3週連続でマラソン大会に参加しました!

10月12日(祝・月)に、初マラソンとなる「庄内緑地公園deトライ・マラソン」に出場。庄内緑地にある2.3kmのジョギングコースをグルグル回る大会です。私は3時間の部に参加したので、3時間ずっと走りっぱなしで、なんと16周・36.8kmを完走することができました。自分では1時間10kmを目安にして、30km走れたらいいな、という計算だったので、予想外に早く走れたわけです。最初の1時間は体も軽く、爽やかな風や木漏れ日を楽しみながら走ることができましたが、2時間目突入の頃に腿が痛くなり、最後の1時間は足が自分のものではないような感覚になりました。走り終えた後、しゃがみ込むのも一苦労して、自分の挑戦の無謀さを知りました。でも、体験したことのない痛みはとても新鮮で、やがて充実感に変わりました。記録的には36.8km/3時間1分21秒275、1kmあたり4分56秒。予想を大きく上回る好成績でした。

庄内緑地公園deトライ・マラソンのゼッケン

庄内緑地公園deトライ・マラソンのゼッケン

翌週、10月18日(日)は同じく庄内緑地で、「庄内緑地公園年代別マラソン2009」に参加。これは、とてもアットホームな大会で、大会というよりも練習会という雰囲気でした。私は15kmの部に参加しましたが、今回はジョギングコースだけでなく、河川敷も走り、景色を楽しみながら走りました。が、アットホームではあったものの、健脚者は多く、先頭集団はスタート直後にあっという間に姿が見えなくなりました。前回のレースの反省から前半スロースペースで走ったので、後半のスピードダウンもなく、元気な状態でゴール。記録は15km/1時間3分38秒、1kmあたり4分15秒。でしたが・・、あまりにもタイムが速すぎるのでもしかしたら距離が短かったのかも、と疑問が残りました(実際、距離表示もなく、運営もアバウトな感じだったので・・)。無事完走は出来たものの、消化不良な感じのレースでした。

名前入り参加記念メダル

名前入り参加記念メダル

で、その翌週・10月25日(日)、いよいよメインイベントである「ナゴヤアドベンチャーマラソン」に参加しました。これは名古屋で唯一のフルマラソンということで、昨年は1100人もの参加者がいたというレース(ことしはもっと多かったのでは?)。初マラソンで36.8kmを走ることができたので、プラス約5.5kmなら大丈夫だろうなと髙をくくっていたのが大間違い。今回も庄内緑地をスタートして河川敷を走るレースで、スタートから順調に走り続け(いま思えばこの順調さが失敗の始まり)、20kmを1時間30分、1kmあたり4分30秒というタイムで走り、このペースで行けば3時間15分くらいで走れるのでは?などと計算しながら走っていました。ところが、折り返し地点(たしか30kmくらいのところだったという記憶)を通過したあたりから、初マラソンで感じた腿の痛みが少しずつ発生。やばいなぁ、と思いつつ給水所で水とバナナを補給して走り出そうとした時、右膝の外側にガクッとしたような感覚が・・。この時は、走り続ければ治まるかなぁ、と考えてペースを落として走ることで何とか痛みは治まりました。が、その後、多くのマラソンランナーが恐れる“35kmの壁”が、私の前にも物の見事に立ちはだかり、激痛がで歩くこともままならない状態に。しかも、休めば休むほど次に動かす時には激痛が走り、正直リタイヤも考えました。次々に抜かれていくし、全く先には進めないし、もう痛みをこらえて走るしかないな、と覚悟を決めて、ヒョコヒョコ走り始めました。すると、少し動かしたことで多少は痛みが減ることがわかりました。けれども、何度か歩かないと無理な状態で、歩くとまた走り始めが激痛という状態をくり返しながらなんとか進みました。たぶん情けない顔して走っていたと思います。で、なんとか残り1kmくらいからは無理して走って、最後は自分なりのラストスパートをしてゴールしました。こうして、初マラソン挑戦は苦い経験をともなって無事終了(無事とは言えないかも)。記録は42.195km/3時間40分49秒(なぜか40代未満男性の部で集計され120人中23位でした)、1kmあたり5分15秒でした。

参加記念のTシャツと完走証

参加記念のTシャツと完走証

反省点の多いマラソン参戦でしたが、それでも初マラソン完走は大きな自信になりました。もう一度、足の筋肉を鍛え直して再挑戦したいと思います。

以下、感じたこと。

  • マラソン大会は楽しい
  • 記録を意識すると新しい目標が見えてくる
  • 自分のペースを知らないと良い記録は出ない(こつこつ積み上げるのが大切)
  • 応援してくれる人はありがたい
  • 無理は良くないが、無理しないとゴールにはたどり着けない

 
それから、ブログの反省。3回分は長すぎて読むのが大変なので、3回に分けた方が良かったこと。それから文体が小学生みたいになってしまったこと(○○○しました。○○○しました。○○○でした。)。

ミニチュア化 by 2009年10月22日

みなさんは「Tilt Shift」という写真をご存知でしょうか?
現実の風景なのに、ミニチュアっぽく見えるというアレです。
写真の上下を適度にぼかすという方法で、
なんとなくミニチュアに見えてしまうのが何とも不思議なのです。
どうやらこれは「ミニチュア(もしくはその写真)を見ているときの視界のぼやけ方に似ている」
ということから、脳が錯覚するみたいです。古くからあるトリックアートと同じで、
ダマされやすいウブな脳を使ったお遊びですね。
いろんな人がさまざまな方法でミニチュア写真を作っていますが、
フォトショなどのソフトを使わなくてもWEB上で簡単にできます。
このサイトを使って作ったのがこの写真。
66
わが町の公園にある、大変有名な家族の住む家の再現版です。
元々が「実物大模型」なので、ミニチュア化効果は絶大ですね。
処理前の写真を見ていただければ、その違いを実感いただけるかと。
5
いくつかの写真をミニチュア化してみると、
写真によって、ミニチュアに向くもの、向かないものがあります。
ミニチュアの町を見る時、人の視点は俯瞰が多いですよね。
その時と同じ、俯瞰から遠景を見下ろして撮った写真だときれいに決まります。
このミニチュアっぽく見える写真は「やってみたいなー」と思っていました。
この機能のついたデジカメが発売を聞いて、心が動かされたりしたんです。
でも調べると、出てくるものですね。

長崎に行ってきました。 by 2009年10月20日

先日、お休みをいただいて長崎へ行ってきました。

情緒あふれる街に感動!!
初めての長崎に、大興奮してしまいました☆

私の大きな目的は、
軍艦島(端島)上陸」と「上五島教会めぐり」。

軍艦島(端島)は炭鉱で栄えたほぼ埋め立ての島。
(もとは小さな岩礁でした)
2009年4月に上陸解禁になったばかりの廃墟島です。

島の外観が軍艦「土佐」に似ていることから名称がつきました。

語り出すと大変なので、詳細はこちら→

PA161045

本当に、軍艦に見えます!

ガイドさんは実際に島で教師をされていた方などで、
とても面白くお話をしてもらえます。

PA161013 PA161028

台風被害などがひどく、倒壊が進んでいる様子。
興味がある方はぜひ早めに行ってみてください!

日本で初の鉄筋コンクリート造の集合住宅を見ることができます。

上五島の教会めぐりもとってもステキでした。
ステンドグラスアートにうっとり♪

PA171144

古い建物めぐりが大好きな私には、
たまらない長崎でした。

名古屋Ruby会議01に参加して来ました by 2009年10月14日

名古屋Ruby会議01に参加して来ました。
名古屋Ruby会議01 – Regional RubyKaigi

名古屋Ruby会議は、東海地方で始めて開催された地域Ruby会議です。
地域Ruby会議とは、小さなRuby会議をいろんな地域でやってしまおうというプロジェクトです。
大してRubyのことはわからないのですが、縁があって今回は経ち上げ当初からスタッフとして参加させて頂きました。

名古屋Ruby会議01

名古屋Ruby会議01 オープニング


最終的に参加者80名を超え、一つのプログラム言語の地方イベントとしてはたくさんの方にご来場頂き、大成功だったと思います。
また、これだけの内容と規模のものを、参加者の皆さんに無料で提供できたのも、本当に凄いなと思いました(メインスタッフの皆様、お疲れ様でした)。

Rubyという日本発のプログラム言語が、徐々に名古屋でも根付いていけばなんだか嬉しいなと思いました。
あと、個人的にはRubyをちゃんと勉強して、使える様になっていけたらなと思っています。

インドカレーの会 2 by 2009年10月13日

遠いけど行きたいね!とひそかに話してた「アリアナレストラン」。

久しぶりにランチに行きました☆

会社から10分ぐらいの場所にあるので

いつも行く時はおひるの時間ぴったりに会社を飛び出して早歩き。

アリアナのカレーは、ほどよくスパイシーで辛すぎず甘過ぎずなところが

わたしたちの心を掴んで離さない!

しかも、最初食べに行った時よりお客さんの数が増えてる!

認知度も上がったんでしょうが、口コミの効果もあるのだと思いました。

ariana01

この日もおいしいカレーを食べながら他愛のない話で盛り上がりました☆

これが女子だけランチのいいところ笙ォ

また早足で会社へ戻り、苦しいおなかを隠して仕事だー

さあ、がんばろっ

続:海の男イェーイ by 2009年9月30日

ダイビングのライセンスを無事取得できました!

学課が1日+実技が3日の計4日間という短い期間で、
思っていたよりも簡単にとれました。

実技のダイビングは1日2本で、計6本。
場所は海が綺麗だということで、
福井県越前町の壁石岩(かぶしいわ)という所に連れて行かれました。
日本海は沖縄とは違い、汚いんだろうなーと思っていたのですが、
結構透明度が高く、生物もたくさん見ることができて驚きました。
まさか砂浜から10mぐらいの所を、
あのイカが何匹もスイスイと泳いでるとは思わなかった。

友達もできました。
ダイビングは基本2人1組で「バディ」というチームを組むんですが、
同時期に受講した女の子と、3日間ともバディを組まされ、
ちょっとした水中デート気分を味わえました。
いやあ、海って楽しい。
しかも後から聞いた話、お客様の会社の方でした(狭)。

インストラクターにずっと「サモア人でしょ?」と
言われ続けた うっちでした。

文化のみち by 2009年9月14日

土曜日のすごい雨の中、
WAVEの事務所から近い「文化のみち」というコースの一部を散歩してきました。

「文化のみち」は、名古屋城から徳川園に至る地区一帯のことを言うようです。
名古屋城や徳川園には何度か行ったことがあったけれど、
他の地域にいくのは初めてでした★

立ち寄ったのはこちら。

二葉館」と「橦木館(しょうもくかん)

sadayakko.jpg

shomokukan.jpg

どちらも古い、和洋折衷の館です。

「二葉館」は、日本の女優第一号として名をはせた川上貞奴の住んでた家で、
ホールや螺旋階段など、とっても素敵でした!

p9120214.jpg

「橦木館」は、もっと和風の家で、畳と座布団に癒されます。
また、併設されたcafeでゆっくりまったりできます。

どちらもステンドグラスがたくさんあります。
p9120172.jpg

入館料も200円(両館共通券320円)なので、
近くへ行かれた際は立ち寄ってみてください。

おすすめです♪

PHPカンファレンス2009に行ってきました by 2009年9月8日

PHPカンファレンス2009に2日間行ってきました。
PHP カンファレンス 2009 | 2009年9月4日・5日開催 日本PHPユーザ会主催

去年から行ってみたいなと思ったのですが、開催される場所が東京ということもあり、なかなか踏ん切りがつきませんでした。
しかし、今年はPHPカンファレンスが10周年ということで、海外からのスピーカーの方々がたくさんみえました。
この様な機会もなかなか無いなと思い、頑張って参加してみました。
phpcon2009.jpg

今回は、ビジネスの視点からPHPをテーマとした「ビジネスデイ」と技術の視点からの「テックデイ」の2日間に分かれていました。
細かい内容は公式サイトを見て頂ければわかると思いますし、Ustreamで配信も行われていたのでそちらでも確認できると思います。

東京でこういったイベントに参加するというのが始めてだったのですが、いろいろ刺激を受けられて良かったと思います。
ビジネスデイではGREEの田中社長のプレゼン、テックデイでは人気フレームワークsymfonyの開発元であるSensio社社長のFabien Potencier氏の話が特に面白かったです。

これだけの規模のイベントを参加費無料で開催されたということは、本当に素晴らしいと思います。
運営スタッフの方々もほとんどボランティアということで、本当に頭が下がりました。
来年も都合が合えば是非参加させて頂きたいなと思いました。