lablogBlog

  1. HOME
  2. lablog
  3. 情報は聞いたことあるが

情報は聞いたことあるが

miwa

こんにちは、waveのみわです。

夏に水難事故のニュースを見るたびに流れ来てた情報の中に、こんなのがありました。

人間は真水だと2%しか浮かない。

これ、2%なので手を出してしまうと出ている手で2%を使ってしまい、呼吸ができない!と言った話。
なので、真水で溺れた際はなんとかして鼻と口が水面から出るようにするとあったんですが、
これ…できる方どれだけいるんですかね。
その話の中に「(訓練が必要です)」とありました。

小中学校の水泳のとき、浮く練習とか自由時間にやった死体ごっこをした時に、必ずそれはうつ伏せで浮くことが多かったです。
仰向けでやると鼻に水が入る怖さもあったし、何より、浮くと思えませんでした。
あと、中学までにやる泳ぎも私のとこは平泳ぎまででしたし、背泳ぎの経験もありませんから、水面に背中をつけるって機会が本当にありませんでした。

なので、もし自分が溺れることがあったら確実に手を水面に出してもがいてしまい、溺れてしまうんだろうなぁ…と思いました。
また、災害の備えの中に救命胴衣も必要なのかとふと考えてしまいました。
備えは大事ですね。

お気軽にお問い合わせください。

ミッションが明確な方も、まだまだ漠然としている方も、お気軽にご相談ください。
経験豊富な担当者がお応えします。

お問い合わせ