lablogBlog

  1. HOME
  2. lablog
  3. 天文年2009

天文年2009

しよう

名古屋市科学館のプラネタリウムへ行ってきました。

子どもの頃こわくて途中退場したこともありましたが
ひさびさのプラネタリウム、とても心地よい暗さでわくわくしました。

星座の生い立ちや、季節で変わる太陽の位置のお話、
7月22日に起こる皆既日食のお話などを聞きました。

星座占いは迷信です。というお話も印象的でした・・・

で、この皆既日食というのが、日本で観察できるのは46年ぶりということで
大盛り上がりしているそうですね。

さらに今年2009年は「世界天文年」と定められているそうです。

あのイタリアの科学者ガリレオ・ガリレイが初めて望遠鏡を夜空に向けた時から、
400年の節目の年。なんだそうです。

宇宙のことを想像してみると、私には分からない存在すぎて
なんだかポッカリしてしまいます。
でも、この想像を超える大きな存在を意識してみる機会に恵まれた、
よい季節、よい年なのかも知れません。

2011年には世界最大のプラネタリウムが完成する名古屋市科学館。
新しくなる前に行ってみるのも楽しいと思います!

名古屋市科学館

image.jpg

お気軽にお問い合わせください。

ミッションが明確な方も、まだまだ漠然としている方も、お気軽にご相談ください。
経験豊富な担当者がお応えします。

お問い合わせ