lablogBlog

  1. HOME
  2. lablog
  3. ジョーカー

ジョーカー

miwa

こんにちは、waveのみわです。

先日、ジョーカーを見に行きました。
友達が見て、衝撃を受けていて「お前も見たら話そう…」と言われていたので、
一体どんな映画なんだ?そんなに引き込まれたんだろうか…

期待を胸に映画館で見たんですが、
個人的にはあまり好きではない映画でした。
もともと、バッドマンの映画も家で見たんですが、頭に全然入ってこなくて、ハマれなかったので
このシリーズは私には難しいのかなぁと感じました。

とにかく、見ている最中思っていたのが
「人生辛すぎる…」
ってことでした。
ジョーカーが可哀想なのはもちろんなんですが、これって自分にも起こりそうなことだよなぁと思えて、
自分もこんな風になるんじゃないかという怖さがあって、見ている間ずっと不安感に襲われていました。

そのことを友人に伝えると、「私もそれに似た気持ちで見ていた」とのことでした。
しかし、この映画見る人によっては違う感覚の人もいるようですね!
「スカッとした!」という意見もあるのにはびっくりしました。

もしかして、私や友人は第三者の目線でジョーカーを見ているけれど、スカッとしたって人は
ジョーカー目線で映画を見ているから見終わった後の印象が違ってくるんですかね?
どちらも感情移入しているのに、目線の違いで映画の印象が変わるのにはかなり新鮮な気持ちになりました。

とりあえず、そのうち日本でもこんな起こらないか心配にさせられた映画でした。
好きな方は好きだと思います!

お気軽にお問い合わせください。

ミッションが明確な方も、まだまだ漠然としている方も、お気軽にご相談ください。
経験豊富な担当者がお応えします。

お問い合わせ