lablogBlog

  1. HOME
  2. lablog
  3. なかの歯科さんの取材日記

なかの歯科さんの取材日記

社長(旅人)

ホームページ構築のお手伝いをしている名古屋市東区のなかの歯科さんにおじゃましてきました。
9月中旬の開業に向けてホームページもあとわずかで完成ですが、この日は新しくなった医院の写真撮影。

外観の室内も新しくなりましたが、その中でちょっと気になったのが壁に付けられた時計。
「かっこいいですね」と院長先生に話を振ってみると、「わかりますか。これスイス製なんですけど、なかなか気付いてくれる人が少なくて」とのこと。

MONDAINE(モンディーン)というブランドで、スイス国鉄駅3000箇所以上に設置されているのだとか。
スイスは路線密度が世界一の鉄道大国ですが、その鉄道の正確な運行を象徴するのが、このMONDAINEの時計なんだとか。
遠くからでもよく見える文字盤のデザイン。
スイス国鉄のすべての駅に掲げられている時計は、秒針が12時位置で止まるという特殊な動きをするそうで、これらの時計は秒針が約58秒で1周しており、12時位置で約2秒間停止した後、まず分針が1分進み、次いで秒針が動き始める。
この独特な機能は「ストップ・トゥ・ゴー」と呼ばれ、駅の時計すべてが同じ時刻を示し、より正確な列車の運行を実現するために考えられた、世界で唯一の非常にユニークな機能なのだとか。

さらに興味のある方はこちら MONDAINE公式サイト

そして、もう一つ見つけたのが待合スペースの椅子。
Fredericia Furniture(フレデリシア)というデンマークの家具ブランド、いわゆる北欧家具です。

このトリニダードチェアはトリニダートの伝統的な透かし彫りにインスパイアーされたデザイナーが作ったもので、独特のスリットが 美しい陰影を作り出すのだとか。
この日は残念ながら曇り空でしたが、晴れていなくても十分に美しいデザインだと思いました。

さらに興味のある方はこちら Fredericia Furniture公式サイト

この時計と椅子はどうしても使いたかったという院長先生のこだわりなんだそうです。
で、もう一つ院長がこだわったのが、医院のロゴマーク。
これは手前味噌にもなってしまいますが、弊社でデザインのお手伝いをさせていただきました。

もともとは院長先生のお子様が描いた一枚のスケッチが原案となっていて、それを弊社のデザイナーがカタチにしたもの。
大変に好評だそうで、喜んでいただきました。

また、なかの医院は院長先生のお祖父様が尾鷲より名古屋に出てきて1937年に中野歯科医院として開設したそうですが、尾鷲市のある三重県ではサメは神様であり食材でもあり生活と非常に関わりの深い生き物で、日本神話においてもサメは縁深い存在なんだそうです。
さらに、サメは歯が悪くなると新しい歯に生え変わり、常にコンディションの良い歯が並ぶということから歯医者さんにはぴったりと考えたそうです。

今週末には内覧会、そしてリニューアルオープンとなります。
ホームページも間もなく公開なので、お楽しみに!
そして、近所の方はぜひ足を運んでみてください。って、あんまり歯医者さんには行きたくないかもしれませんが、最近は予防歯科といって痛くなる前にかかっておくのがよいそうです。

お気軽にお問い合わせください。

ミッションが明確な方も、まだまだ漠然としている方も、お気軽にご相談ください。
経験豊富な担当者がお応えします。

お問い合わせ