lablogBlog

  1. HOME
  2. lablog
  3. ミニカーの世界

ミニカーの世界

ikoma

こんにちわ。
みなさんも色々な趣味をお持ちのことと思いますが、
今日は私の趣味というかコレクションみたいなものについて、
少しお話します。

さて、見ただけでこのクルマがわかる方はかなりのクルマ好きです。
増してやいつ頃どんなレースで走っていたかもわかる方はマニアですね。
(答えは、McLaren F1 GTR JGTC 1996 Champion マクラーレンF1-GTRです。)

このモデルは私がミニカーにハマるきっかけになったものです。
もともとクルマ好きで、普通の方が知らないようなマニアックなクルマにも乗っていましたが、そこはどうしてもお金や様々な事情があって何でもOKとはいきませんが、このミニカーならば自分の好きなクルマを好きなだけ集められると思いました。

ところがやはりマニアの世界は奥が深いというか、実は簡単には集められないのです、これが。
なぜかといいますと、ひとつは「高い!!」で、もうひとつは「見つからない!!」です。なんでも鑑定団をご存知の方も多いと思いますが、まさにそれです。

先ほどのマクラーレンGTRですが、ヨーロッパでは禁止されたタバコロゴ入りで主に日本でしか販売されませんでした。そのためヨーロッパ(主にドイツ)では稀少性の高いモデルになり、発売時の価格約5,000円が軽ーく10倍以上で取引されました。

たかがミニカーといえども1台ン万円もするとなると、例えばこのマクラーレンをフルコンプ(Full Complete 全部揃える)するには約300万円、ホンモノの乗用車が買えてしまいます。(2005年前後で現在は相場が下落して100万円以下で揃えることができます)

ですので、奥さんにナイショでお小遣いをやりくりして集めている方は、気長に何年も待ち続けてやっと手に入れた時の喜びは何ともいえないものがあると思います。まぁこれはほとんど男性の趣味ですね。

ミニカーにはスケールやジャンルがたくさんあり、トミカなど子供用玩具から数万円もする精巧なモデルまで様々です。私はほとんど1/43スケール(約10cm・ダイキャスト製)のモデルが中心です。また別の機会にマニアの世界お話しいたします。

 

 

 

 

 

 

 

お気軽にお問い合わせください。

ミッションが明確な方も、まだまだ漠然としている方も、お気軽にご相談ください。
経験豊富な担当者がお応えします。

お問い合わせ