lablogBlog

  1. HOME
  2. lablog
  3. 日本人と日本の会社

日本人と日本の会社

ikoma

隣をふと見るとヨメが何やら真剣に書き込んでいます。
そう、会社によってはそろそろ「人事考課」の季節。
どうやら部署内の他者評価のようで、彼女の会社では多面評価をしているようです。

私も一時は人事関係の仕事をしていましたので、基本はある程度理解していますが、
人が人を評価するというのは、本当に難しいものです。

過去から能力主義や実力主義、年俸制や多面考課などなど様々な人事施策が試されて
きましたが、要はその目的は何かということが最も重要な気がします。


評価によって何を目指すのか、それがモンダイだ

 

先頃、衣料販売大手ユ○クロの社長が近い将来は、同一職種世界共通賃金にする言われて物議を醸しています。

自分の属する会社や集団が何を評価して、どこを目指すのか、働く私たちにとってとても重要なことだと思いますが、多くの日本人および日本の会社は、グローバルな精神を受け容れにくいのではないでしょうか。

世の中がその方向に行くのなら、それはやむを得ないことかもしれません。
しかし、それが働く人々や会社、そして日本の社会にとって最も良い答えなのかどうか、よく考えた方がいいと思いました。

 

私たちはやはり日本人なのですから…

 

お気軽にお問い合わせください。

ミッションが明確な方も、まだまだ漠然としている方も、お気軽にご相談ください。
経験豊富な担当者がお応えします。

お問い合わせ